どう違うの?カードローンとキャッシング

キャッシングというのはクレジットカードや
キャッシングカードを利用してATMなどからお金を引き出すサービスです。
お金を引き出すといってももちろん自分の口座から引き出すのではなく、
お金を借り入れるものになります。
キャッシングの場合の支払い方法は一般的に「翌月一括払い」となります。
借りた翌月に借入金額に利息をつけてすぐに返すものなので、返済シミュレーションもしやくすく手軽といえます。しかし、カードローンに比べて金利が高いのが特徴です。
基本的にクレジットカードのキャッシング利用枠などになるので、借入できる金額は大きくありません。

カードローンも同じようにローンカードなどを利用してATMで借り入れできるものですが
分割払いとなり、返済方法や借入の期間が違うのです。

カードローンは長期返済で、返済方法は分割払いが前提となっているので金利が低いのです。
すぐに返せる小額で借りたいのか、返済が長期になるけど多めに必要なのか、
資金使途で使い分けることをおすすめします。

キャッシングはクレジットカードの申し込み時に、キャッシング利用枠をつけることで利用可能になります。
クレジットカードの申し込みには収入証明などの提出は求められませんが、
キャッシング利用枠が総量規制を超えると思われる場合には必要になります。
総量規制とは他社借入金額との合算が年収の1/3を超える借入を制限するものです。

カードローンも申し込み、審査に通過して契約後利用することができます。
WEBサービスを利用すれば最短で即日融資を受けることが可能です。
その場合必要書類は写真に撮ってメールで送るか、ファックスでの送付で大丈夫です。
申し込み先の金融機関が消費者金融か信販系であるか、銀行であるかで借入可能な人、
必要な書類が変わってきますので気をつけてください。

キャッシングもカードローンも、資金使途はほぼ自由ですが、個人事業主などが資金繰りに困ったという理由での利用はできません。
原則として事業性資金としての利用は認められていませんので気をつけましょう。