ブラックリストの専業主婦→申込可能?

過去にカードローンや信販会社を利用していて、返済が遅れたり滞納した場合などを「事故」と呼びます。
そういった情報は信用情報機関が記録しており、金融機関はその情報を元に借りたい人の返済能力などを判断しています。
そういう「事故情報」を持つ人のことを「ブラック」と呼びます。
よく「ブラックリスト」と言いますが、それはこの信用情報機関に記録された事故情報記録のことなのです。

個人情報機関は3つにあり、延滞情報などはただちに記録されてしまいます。
ほかにも、債務整理や事業の倒産、自己破産者についても事故情報が残ります。
事故歴がある人に対して、金融機関はローン融資を嫌がります。
住宅ローンも組めなくなってしまうのです。
ただし主婦がブラックであった場合、配偶者の借入審査や住宅ローン審査に影響することはありません。

事故情報は事実ではないケースを除いて削除を求めることはできません。
「ブラック情報消します」などの広告を見かけることがありますが、それは悪徳業者なので信じてはいけません。

ではブラックリストから情報が消えることはないのかというと、事故発生から一定の期間が過ぎると自動的に削除されるようになっています。
削除されるまでの期間は情報機関によっても異なりますし、事故の内容によっても変わりますローンなどの借入の延滞であれば、5年ほどで記録からは消えることになっています。
ただし、返済がきちんと済んでいることが条件です。

ブラックの人が審査通過するカードローンはありません。
「ブラックOK」「審査なしで融資OK」などというのは闇金融です。
法外な利息を請求されますので絶対に借りないようにしましょう。

そもそもブラックにならないようにすることが大切です。
金利のことも考えて返済できる額を借り、返済期限を守ればブラックは防げます。
多重債務があれば返済日を忘れたりする傾向もあるので気をつけましょう。
限度額いっぱいまで借りたり増額申込をして返済に追われたりすることのないように、計画的に利用しましょう。