申込のポイントとは?融資までの流れが知りたい!

カードローンの利用は申し込み→審査→契約→借り入れという流れになります。

まずは申込書に記入し、審査申し込みをします。
必要書類は借りたい金融機関によって変わります。
消費者金融を総量規制の対象となるので、専業主婦が借入を行いたい場合配偶者の同意書給与明細などの収入証明書が必要になります。
銀行カードローンは総量規制対象外で、身分証明のみで専業主婦にも申込が可能です。
審査のために保証人を用意する必要もありません。
夫や家族に内緒にしておきたい場合は銀行カードローンを選ぶようにしましょう。

また、カードローンは事業性資金として以外であれば使用目的は原則自由です。
申込は郵便やテレビ窓口でできますが、インターネットでも可能です。
その場合、銀行のインターネットバンキングを利用していればログインして必要事項の記入で申込ができます。
銀行カードローンを借りる場合、支払い口座が必要なことがあります。

もし持っていない場合は口座開設後の融資となります。
金融機関によってはコンビ二ATMなどの提携ATMで借入することができます。
ただし、利用手数料がかかることがありますのでご注意ください。

審査を受ける際、希望額を書くことになりますが、最初から最大限度額を希望すると審査に通りにくくなる可能性がありますので気をつけてください。
また、複数社の同時審査はなるべく避けてください。
多くても3社までです。
複数審査を受けていることはすぐに信用機関に登録されます。

そうなるとよほどお金に困っていると判断されかねません。
カードローンは借主となる人に支払い能力があるかどうか、勤務先や勤続年数などの属性と信用情報で判断します。
お金に困っていると思われては支払い能力に不安があるということになり、審査落ちの原因となります。

実際の申込前に、事前審査や返済シミュレーションなどを利用することもできます。
融資可能額を知ったり、返済回数や返済金額を計算することができますので、カードローンを選ぶ際ににはよく調べて利用しましょう。