何歳から?学生でも借りれるの?

学生でも急にお金が必要になるときはあります。
どうしても必要だけど家族に内緒にしておきたいときに、学生でも借りられるカードローンがあれば助かりますね。

金融業者によって、学生向けローンのサービスを行っているところがあります。
こういったサービスを行っているのは貸金業者なので、総量規制の対象となります。
総量規制とは、個人の借入総額を年収の1/3までと法律で定めたものです。
銀行のカードローンは総量規制対象外なので、安定収入の審査基準が厳しくなり学生では審査に通りにくいといわれています。

学生がカードローンを借りるには、アルバイトなどで定期的な収入を得ていることと年齢は20歳以上であることが貸付条件になります。
申込には学生証、アルバイトの給与明細などの収入証明書、運転免許証などの本人確認ができるものが必要です。
学生ローンの貸付には、返済能力だけでなく借りたお金の使い道も審査の重要なポイントになってきます。
学費として使いたい場合や、運転免許取得費用、また物品の購入などあればたいてい問題はありません。
生活費として使いたいなどという場合は返済能力に疑問がもたれてしまうので気をつけましょう。

一般的にカードローンを借りるには職場への在籍確認が行われますが、学生ローンでは本人との電話審査のみです。アルバイト先に連絡が行くことはありません。
本人の携帯電話で審査連絡ということにはなりますが、融資を受けた後返済の遅延などがあれば自宅に督促の連絡などが行くことになるので滞納や遅延はないようにしてください。

学生ローンの申込はほとんどの場合ネット申込です。
店頭に出向く必要もなく、審査スピードも速くてすぐに融資を受けることも可能です。

学生向けのローンとなりますので高額借入はできず、利用限度額は低めに設定されています。
それでも返済には利息がかかってきますので毎月の返済額には気をつけましょう。
借りたローンの利用利率は把握しておくようにしましょう。