銀行カードローンの金利は何%?

冠婚葬祭など急なお金が必要なとき、カードローンは非常に便利なサービスです。
そこで気になるのが毎月の返済額、中でも利息ですね。
カードローンの金利はほとんどの場合年利と呼ばれるものです。
元金に対して年にどのくらいの金利がかかっているかということです。
実質年率というのも同じ意味になります。

いくら金利がかかっているのかを知ることで、利息計算をすることができるのでしっかり調べて返済額シミュレーションをするようにしましょう。

一般的に銀行カードローンの金利は消費者金融よりも低めのものが多いです。
金利は借入限度額によっても変わりし、原則として限度額があがるほど金利は下がります。
消費者金融は銀行よりも金利が高いとは言っても、利息制限法により法外な金利を設定してくることはありません。

カードローンの審査は勤務先や勤続年数などの属性によるものと、信用情報によるものがあります。
銀行に比べて消費者金融は審査が甘い傾向があるといわれますが、そもそも総量規制対象の消費者金融では収入のない主婦の借入は難しく、
配偶者の収入で借りることはできますが夫の同意書が必要になります。
銀行カードローンであれば専業主婦にも本人確認のみで申込ができます。
また、外国籍の方でも借りられるものもあります。

カードローンの返済額を決める方法として残高スライドリボルビング方式があります。
これは元金が減っていくにしたがって利息も減っていくというものです。
繰り上げ返済などができれば支払い総額が減っていくというメリットがあります。

また、無利息サービスを実施している銀行カードローンもあります。
これは決まった期間内であれば元金のみの返済で良いので、すぐに返せるめどが立つのであればお得に利用できます。

カードローンの返済にはいくつが方法がありますが、コンビニのATMを利用する場合は手数料がかかることがあります。
インターネットを使った方法ならほとんど手数料無料です。
返済方法も自分にメリットの大きいものを選ぶようにしましょう。